2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

昨年大ヒットした映画「君の名は」。
来年早々に、地上波で放送との記事を見た。
dvdもレンタルされてるし、そのうち見ようと思うも、結局見ずにここまで来てしまった。
このチャンスを逃すと、もう一生見ない可能性大だ。


さて、君の名は?
あなたの名前は何だろうか?

名は体を表すということわざがあるが、その言葉通りの人間になれているだろうか?

ちなみに、俺は大失敗。
本名、阿野善和。
善に和なんて、煩悩まみれの俺には、到達レベルが高すぎる。

しかしなかには、その名前通りの行いを体現している、そんな人物がいるのだ。

先日、渋谷で行われた飲み会での事。

忘年会と銘打って、8〜9人ほどが参加した。
それぞれみんな予定をこなしてからの参加だった為、居酒屋への到着時間はまちまちだった。
なのでドリンクの注文も一斉にできず、各々が来た段階での注文となる。

メンバーが揃いだしたのが19時過ぎ。
店が一番多忙な時間帯だ。
前述した通り、各々が到着する度に注文する為、この席に何度も手が回らないのか、後から参加したメンバーのドリンクやフードがなかなか出てこない。

どうなってるんだと店を見渡せば、やはり店員は忙しそうに動き回っている。
さらに良く見ると、店員に日本人はほとんどおらず海外からの学生だろうか、東南アジア、インド、中東あたりの若者ばかりだ。

そんな時、しびれをきらした友人が店員を呼び出した。

「すみませーん」

対応にやって来たのは、やはり外国の男性店員。
「ハイ、オキャクサマ」

「ちょっと、頼んだドリンク来ないんですけど。乾杯もできない。わかる?」

「スミマセン、ゴメンナサイ」

流暢とは言えない日本語。しかし、しぐさや態度、表情がどこか憎めない。逆に、その謝罪が板に付いている気さえする。

そんな時、ふと店員がつけている名札を見た。
記されていた、彼の名前は

『スマン』

そう、彼は存在ですでに謝っていたのだ。

その後も、「スミマセン、シツレイシマス」と
空きグラスを回収しに来る『スマン』

アルコールを運んでくる『スマン』

フードを運んでくる『スマン』

廊下ですれ違う『スマン』

スマン、スマン。
いるだけで、謝罪のオンパレード。

世界には、ことわざどおりの人生を歩んでる人もいるもんだと感心しながら、宴は終了した。


帰り道、電車内。

寝不足に加え、最近では珍しく多いアルコール摂取量に眠気が襲い、立ちながらガクッと崩れ落ちそうになった。

しかし、なんとか持ちこたえた。
満員に近い状態でもし倒れていたら、きっと殺伐とした雰囲気になっていただろう。

そう考えると、自分の名前通り、その電車内の「和」を乱さず、「善」い行いをしたと言っても過言ではないのではないだろうか。

うーん…強引か。


スマン


運命

---------
ロザンナショップ「鬼ノ劇場」オープン!
音源、鬼ノ劇場タオル販売してます。
今はクリスマスっぽく、電飾つけてます。



鬼ノ劇場のある場所
埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階
hop100彩 戸田店

青鬼盤より
鬼ノ劇場(youtube)
---------
ロザンナライブ情報

●1/14(日)渋谷club乙-kinoto-
open / start 未定
adv2000+d / door2400+d
出演
ブルボンズ
JUNIOR BREATH
The quilt
madmantails
TEXAS COMMANDO
有刺鉄線
タダセンパイ&ザ・チャージパッカーズ
ロザンナ
(vo g 阿野運命 ba APE(from very ape) dr 大浪彰仁)

O.A : あさだち
サブステージ : 石田千尋

チケット等は
http://banban-banban.com
まで

---------
阿野運命
twitter
https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

facebook
https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

最近、何かと巷を騒がせている相撲界。
横綱の暴行事件。
そして、露呈した日本相撲協会の相変わらずの隠蔽体質。
ここ1ヶ月ほど、各メディアで連日報道されている。

そんな一連の不祥事の余波が、昨夜この身にも降り注ぐ事となった。


それは、昨日見た夢の話。

最初のシーン。
なぜか力士になりたいと志願した俺は、試験を受けに新弟子検査の試験場にいた。
試験はこの細身の身体にもかかわらず、無事合格。
そう、そこは日本相撲界ならぬ、俺夢相撲界での出来事。
背丈、体重など問題にしないようだ。
ついに、念願の力士になれると歓喜した。

次のシーンは、一気に初土俵へ。
支度部屋に入る。
周りを取り巻く数人の俺夢相撲協会の人達。
気分は高まる。
わくわく、どきどき。

しかし、次の瞬間、希望は失望に変わった。

俺夢相撲協会員「あ、廻し、使い回しだから」

俺「え?」

床に無造作に脱ぎ捨ててある、薄汚れた廻しがひとつ。
しかも、日本相撲界のそれより俺夢相撲界の廻しは、股の部分がセクシーなのだ。

俺夢相撲協会員「おい、君。早く履いて」

俺「いや、言ってなかったですよね…。え?聞いてないんですけど。ちょ、ちょっま…勘弁、勘弁してくれ……ぶあ!…ぜーはーぜーはー…」

無理やり履かされようと…、いや実は履かされました…、のとこでなんとか夢をドロップアウト。冷や汗が滴り落ちるなか、トイレにウォシュレットしに行った、午前2時頃。


夢を思い出しながら今でも思う。
廻しの件、せめて新弟子検査の時に言ってほしかった。

隠蔽良くない。


運命
続きを読む >>

次回ライブです。

----------
●1/14(日)渋谷club乙-kinoto-
open / start 未定
adv2000 / door2400
出演決定
ブルボンズ
JUNIOR BREATH
The quilt
madmantails
TEXAS COMMANDO
有刺鉄線
ロザンナ
(Vo,g 阿野運命 Ba APE(from Very Ape) Dr 大浪彰仁)

O.A : あさだち
サブステージ : 石田千尋
----------
2018年一発目のライブは渋谷乙。

正直に言おう。
渋谷乙、好きじゃなかった。

理由。

今回誘ってくれた、渋谷乙のブッキングマネージャー、ゆうちゃんが本気でイケメン過ぎるから。

俺達目当てで来てくれたお客さんのハートは帰る頃には、フロアでライブを見ている、彼の姿にほの字。
全部かっさらっていった。

そして、また悔しいことに、とても良いヤツとくる。
ライブ後は、自分事のようにバンドの未来を考え、話してくれる。

男として、立つ瀬がなくなるのだ。
あそこにいると。


そんな、ゆうちゃん。
一身上の都合で、乙を離れるらしい。
彼のラストイベントにオファーがきた。
二つ返事でオッケイ出してしまった。

渋谷乙。
どうやら、やっぱり好きみたい。


運命

チケット等は
http://banban-banban.com
まで

阿野運命
twitter
https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

facebook
https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks

ついに、本日オープンしました。

ロザンナショップ「鬼ノ劇場」

ショップと言っても、確保したのはほんのわずかな棚のスペース。
でも、このわずかなスペースに、ああすれば、こうすればと全力で試行錯誤の毎日。
やっと、出店となり一安心です。

店を作る上でのテーマは、その店の名の通り「鬼ノ劇場」。
人が、幸せを追いかける人生という名の舞台で沸き起こる五欲を、この売り場で表現してみました。

ちなみにここ。スーパー2階にある、屋内型フリーマーケットスペース。
まわりは、古着やバッグや財布やらが商品として置いてある。

その中にここだけ、鬼のジャケットのCDとか、その周りに貼られた葛飾北斎の春画とか天井絵とか、実に異様な雰囲気。

この怪しさを体験に、あなたも是非。

やばい、早く寝ないと。
朝早くから、青春だ…。

運命








鬼ノ劇場のある場所
埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階
hop100彩 戸田店

青鬼盤より
鬼ノ劇場(youtube)
続きを読む >>

IMG_5849.JPG



IMG_5746.JPG



IMG_5743.JPG



IMG_5776.JPG



IMG_5788.JPG



IMG_5804.JPG



IMG_5815.JPG



IMG_5816.JPG



IMG_5845.JPG



IMG_5861.JPG



IMG_5878.JPG



IMG_5880.JPG



IMG_5883.JPG



IMG_5891.JPG



IMG_5900.JPG



IMG_5913.JPG



IMG_5924.JPG



IMG_5972.JPG



IMG_5984.JPG



IMG_6012.JPG



IMG_6029.JPG



IMG_6031.JPG





photo by ake-chang