2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

先日、青春(音楽以外のお金稼ぎ)の合間を塗って地元、長崎は佐世保まで帰省してきた。


約2年ぶり、ひさしぶりの里帰り。

なのにも関わらず、帰った直後に襲ってきた暴風雨。

台風だ。


普段の行いのワルさの為かと、日常を悔い改めようと思ったがしかし、台風が抜けたあとの甥っ子達との戯れや、弟の建てた立派なお家でのバーベキュー等、すこぶる楽しんで結果オーライ。

とても、有意義な時間を過ごせた。

俺の日常も捨てたもんじゃない。


そんな、田舎への道中。

とても、微笑ましい光景を目にした。


羽田から福岡まで、まず飛行機で移動。

到着後、福岡空港から博多駅まで地下鉄で向かい、そこで特急みどり号に乗り継ぎ佐世保まで向かった。


その特急みどり号の車内にいた、ある親子。

父親と母親、そして2歳ぐらいの男の子という家族構成。

その親子の会話に耳を傾けると、俺と同じように、羽田から福岡、地下鉄、そしてみどり号と乗り継ぎ、佐世保まで向かっているようだった。


しかし、この経路。とても移動距離が長く、大人な俺でもとても疲れるのだ。

案の定、2歳くらいの子供のご機嫌は、旅の疲れからか超斜め。


2歳児「かーか!かーか!かーかの抱っこがいい!」

母親「静かにしなさい。もうすぐじいじに会えるから。ね?」

2歳児「いやだ、かーか!かーか!」


かーかというのは、母親のことらしい。

ずっとグズりながら、母親の抱っこをおねだりしていた。


母親が言っていた、じいじ(おじいちゃん)とは、何でも一年ぶりの再会だとか。


母親「ほら、もうすぐじいじと会えるよ?よかったねー。」

2歳児「いやだ!いい!じいじはいい!かーか!かーかの抱っこがいい!」


いくら機嫌が悪いとは言え、あんまり会いたくないと言われているおじいちゃんを若干不憫に思いながら、佐世保へ到着。


その親子の後ろに続き、改札を抜ける。


すると、その親子を満面の笑みで出迎える、おじいちゃんの姿を見つけた。


おじいちゃん「おー、よう来たね!」


里帰りしてきた親子へ、本当に嬉しそうに声をかけている。

俺は、さっきまでグズっていた2歳児の反応を見守っていた。

頼む。おじいちゃん孝行してやってくれ。


そして


2歳児「じいじ!!来た!!じいじ!!来たよ!!」


なんとその2歳児、おじいちゃんを見るなり飛び上がって喜び、おじいちゃんの元へ駆け出したのだ。


おじいちゃんは、もうこれ以上ないような笑顔で手を伸ばした。


その伸ばした、おじいちゃんの手を握る2歳児。

そのままお迎えの車に乗り込み、その一家は走り去っていった。


その光景にもらい微笑みしながら、心の中でこうつぶやいた。


2歳児、お前、100点だよ。


運命

---------

ライブ情報

2018年

◯11月25日(日)三軒茶屋ヘブンズドア

 

ロザンナpresents

どしゃぶりでアイムソーリーVOL.7

〜三軒茶屋は今夜も雨だった〜

運命を掴み取れ!40年目の運命スペシャル☆

 

o/s  18:00/18:30

前売り/当日   2,000+d/2,500+d

 

出演/

阿野運命

VERY APE

JIGENN

today is the day

ホトケノジーザストリオ

ロザンナ

 

DJ Ko-Hey

---------

ロザンナショップ「鬼ノ劇場」オープンしてます!

音源、鬼ノ劇場、タオル販売してます

鬼ノ劇場のある場所

埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階

hop100彩 戸田店

 

青鬼盤より

鬼ノ劇場(youtube)

---------

阿野運命

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks




comment









trackback