2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

みなさんは、立川志の輔の落語「バールのようなもの」をご存じだろうか。


〜あらすじ〜


主人公の、はっつぁんは疑問に思う物事があると、物知りのご隠居のところまで、その答えを聞きに足を運ぶ。


はっつぁん「ライオンの頭ってなぜあんなにでかいの?」

ご隠居「それは、あれだよ。檻から出られないようにだよ。」


はっつぁん「キリンの首ってなぜあんなに長いの?」

ご隠居「それは、あれだよ。頭があんなに高いところにあるからだよ。」


はっつぁん「蚊って刺されると、なんであんなにかゆいの?」

ご隠居「なんであんなにかゆいかって、かゆくならないと、どこ掻いていいかわからないだろう。親切なんだよ。」


そんな具合だ。

そして疑問は、ニュースで聞いた「バールのようなもの」へ。


はっつぁん「品川区の銀行に強盗が押し入った。犯人はシャッターをバールのようなものでこじ開け車で逃走した模様っていうんですよ。この「バールのようなもの」って何なの?」


果たして、「バールのようなもの」とは、バールなのか、バールじゃないのか。


はっつぁんは、最初「バールのようなもの」とは、バールだと言い張っていた。


しかしご隠居は、そんな事はないと次のような例をあげる。

ご隠居「女のような〜って言ったら女かい?ダニのような〜って言ったらダニかい?もの食ってて、これ肉のような味がしますねって言ったら、それ肉かい?そうじゃねえだろう?」


はっつぁんは納得し、「〜のような」をつけると、対象とした物とは違う物になる事を覚え、カミさんがいる家へと帰った。


しかし、カミさんは激怒していた。

理由はこのはっつぁん、最近知り合った飲み屋の女と浮気をしていたのだが、カミさんに現場に乗り込まれ、今日もまたその浮気相手のところに行ったんじゃないかと疑われていたのだ。


カミさん「また妾のところに行ってたのかい?そうでしょう?行ってたんでしょう、妾のところへ!」


ハっつぁん「行ってねえよ、隠居のところへ分からない事を聞きに行ってきたんだよ。だいたい、浮気もしてねえ。あの女も妾なんかじゃねえ!」


カミさん「嘘おっしゃい、今日も行ってたんでしょうあの女のところへ。あの女は妾なんでしょ!言ってごらんなさいよ、妾なんでしょ!」


これは埒が明かないと、そこではっつぁんはこう言ってしまったのだ。


はっつぁん「妾妾、うるせーな。あれは、妾じゃねえって。あれは…「妾のようなもの」だっ!」


この言い口を聞いたカミさんがとった行動とは?

果たして、はっつぁんの運命やいかに?


是非、全編に渡って聞いていただきたい一席だ。


https://youtu.be/f_fA1p84_xA


と、話は変わって、昨日その「バールのようなもの」の存在を教えてくれた友人と、ラーメンを食しに東京は北区上中里にある、ラーメン富士丸 梶原店へ向かった。


いわゆる二郎系と言われるこのラーメン。

好きな人はとことんハマるラーメンなのだが、見た目があれな事から、人によってはその一杯をこう呼 ぶ。


「あんなの、「豚の餌のようなもの」だ!」と。


果たして、これは豚の餌なのか、豚の餌ではないのか?


言えるのは、答えはこの一杯を目の当たりにし、そして体験した、あなた次第だという事だ。


そんな帰り道、その友人と夜の線路沿いを歩きながら、少しだけ「恋バナのようなもの」をした。


思えば、あれは恋バナだったのか?


口臭は間違いなくニンニク臭漂っていたはず。おまけに俺はもうすぐ40歳ときたもんだ。

恋バナなんてとても似合わない。


しかし、頬を過ぎる夜風はホンの少し、甘酸っぱかったのは確かだ。



ご馳走さまでした。



運命




---------

今後の予定。

●11月、ライブやります。

詳細後日。

---------

ロザンナショップ「鬼ノ劇場」オープンしてます!

音源、鬼ノ劇場、タオル販売してます

鬼ノ劇場のある場所

埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階

hop100彩 戸田店

 

青鬼盤より

鬼ノ劇場(youtube)

---------

阿野運命

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09

 

facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks



comment









trackback