2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

早いもので新たな青春(音楽以外の金稼ぎ)先に変わり、3月1日で丸一年が経過した。


一年も経てば、従事する仕事にも若干の余裕が出てくる。

重いものを持ち上げる筋肉も、初老にして発育中。胸筋もピクピク動いてしまうほどだ。


今働いている中で、俺は一番の下っぱなのだが、上司や先輩にあたる人たちはとてもいい人達ばかりで、人間関係でどうのこうのとストレスを溜めることはほとんどない。


思えばいつもそうだ。

前の青春先でも、同僚、先輩たちはみんな音楽活動を応援してくれて、ライブにも足を運んでくれた。


人との出会い。

顔も見たくない、うさんくさいやつもいるがそれも含めて、何かの縁だ。

自分の生きる糧にしなければ。


さて、そんな一年経過した青春模様。

フラストレーションがまったくないなんてありえっこない。

なぜここは、こうならないんだ!

なんでここは、こうできないんだ!

具体的な事は、今度のライブで話す事にするが、そんな出来事がしょっちゅう存在する。


そんな、イライラを元にした曲が出来上がった。

これは、まさに労働の現場から産まれた、俺なりのプロレタリアソングだ(おおげさです)。


是非とも聞いてね。


「タオルが足りない」


いくつもの夜を 逃げ出して      
着いたその場所にどんな歌があるか
さ迷いながら 耳を澄ましても
そこに 響くメロディーなどない

びくつくようなボクサーみたいに
どうせ負けと自分でタオル投げていたろ
傷つかないように 失敗しないように
だけどもう タオルが足りない

戦ってる相手は 世界世間体なんてのはマボロシ
自分自身の過去の事
塗り替えるのさ 今その手で

夜明けだって歌を   歌い口ずさむ その為に
もうダメだって日々を 笑いとばす その為に

分かっているはずさ  絶体絶命だってこの場所を
自分自身の窓の外
踏み出すのさ その一歩で

夜明けだって歌を       歌い口ずさむその為に
もうダメだって日々を   笑い飛ばすその為に
これからだって歌を    歌い口ずさむその為に
やりとげたって僕を   歌い口ずさむその為に

びくつくようなボクサーだって    
それでもって自分で立ち向かってみたら
流れ出すのは     自分への賛歌
そこにはもう タオルはいらない


運命

---------

ロザンナライブ情報


阿野運命ソロ

●3月31日(土)新宿LoveTKO

ホトケノジーザストリオpresent's

「ホトケノウタゲVol.1」

Open18:30/Start19:00

前売り2000円/当日2500円(1d別)

出演

ホトケノジーザストリオ

金子のぶゆき

阿野運命

ゆーた

(阿野運命の出演は19時40分〜)



チケット等は

http://banban-banban.com

まで

---------

ロザンナショップ「鬼ノ劇場」オープンしてます!

音源、鬼ノ劇場、タオル販売してます

鬼ノ劇場のある場所

埼玉県戸田市下戸田1-18-8スーパーベルクス2階

hop100彩 戸田店


青鬼盤より

鬼ノ劇場(youtube)

---------

阿野運命

twitter

https://twitter.com/yoshikazuano?s=09


facebook

https://m.facebook.com/profile.php?ref=bookmarks


comment









trackback